鳥メロニュース
鳥メロニュース

コラム

全店共通

2020.02.17

ビールと焼き鳥の相性の良さには実は深いワケがあった!

ビールと焼き鳥の相性の良さには実は深いワケがあった!の画像

焼き鳥とビールといえば定番の組み合わせですね。焼き鳥片手にグイグイとビールが進みます。「焼き鳥はビールに合う」と一般的によく言われることですが、その理由は何なのでしょうか。今回はそんな焼鳥とビールの相性の良さについてご紹介していきたいと思います。

なぜ合うのか

味覚との関係性

味覚には「甘味」「旨味」「塩味」「苦味」「酸味」があり、これら「五味」すべてがバランスよく感じられるとき、人はおいしいと感じるとされています。
こうした観点から見ると、主に「苦味」と「酸味」のあるビールと、「甘味」「旨味」「塩味」を多く含んだ焼き鳥のペアリングは、互いに足りないものを補う理想的な関係。一緒に食べることで、五味すべてがバランスよく混ざりあって、絶妙のハーモニーを奏でてくれます。

ビールがもたらす後味スッキリ

脂の乗った焼鳥の後味を、ビールがさっぱりと洗い流してくれます。タレや塩で味付けされた焼き鳥は、基本的には味が濃い料理なのでたくさん食べるとしつこく感じられることも。そんなとき、炭酸を含んだビールを飲めば、口のなかもスッキリ。余分な脂を洗い流してくれるので、次の料理を美味しくたべることができます。

鳥メロタレ焼鳥 各150円(税抜)

ぶるぷるだれを使用した焼き鳥。試行錯誤のうえたどり着いた自慢の秘伝ダレです。モミジとトサカをたっぷり入れて煮込んだ甘さの中にコクがあり、焼き鳥との相性抜群です。
正肉(肩小骨)串
ネギマ串
ぼんじり串
皮焼き鳥
砂肝串
レバー串
手羽とろ串
おまかせ焼き鳥5種類は749円(税抜)

ビールはなんと199円(税抜)

生中スーパードライはなんと1杯199円(税抜)とコスパ抜群なので焼き鳥片手に是非ビールを飲んでください。555mlジョッキも333円(税抜)で飲めます。
最もビックサイズの1000ml男前スーパードライもなんと699円(税抜)で飲めます!
【その他】
EXゴールド 299円
瓶ビール   499円
ドライゼロ  399円(ノンアルコール)

いかがでしたか。鳥メロで生中スーパードライ2杯と、おまかせ焼き鳥5種類を注文しても、なんと1000円前後の値段で楽しむことができます。平日の会社帰りや飲み会の前の「ゼロ次会」などで気軽にご利用ください。

コースメニューはこちら

単品メニューはこちら

お飲み物はこちら

鳥メロニュース一覧へ

お店を予約!店舗検索

タグ一覧
呑みに行く!