鳥メロニュース
鳥メロニュース

コラム

2019.03.21

単品よりお得?飲み放題のメリット

単品よりお得?飲み放題のメリットの画像

今回のコラムテーマは「飲み放題」です。居酒屋に行く際、利用している方も多いかと思いますが、「飲み放題って単品で頼むより本当にお得なの?」という疑問を抱いたことがあるのではないでしょうか。飲み会では集金のしやすさから、ほとんど飲み放題を注文してくださるお客様が多いですが、一方で飲み放題は付けなくても良いと思っているお客様がいるのも事実。
そこで今回は、飲み放題は本当にお得なのか、どんなメリットがあるのかをお話ししようと思います。

多くの居酒屋が飲み放題メニューを用意している

近年、居酒屋に限らずさまざまな飲食店が用意している飲み放題メニュー。少人数では利用しない場合もあるかもしれませんが、会社の飲み会など大規模になるとほとんどの場合、飲み放題を利用するのではないでしょうか。飲み放題はお得なようにも見えますが、単品で頼む方が安いこともあります。
特に幹事を任された場合などは、みんなの意見を代表して単品か飲み放題かを選ばなければなりません。一体どちらを選べばよりお得に飲めるのでしょうか?

飲み放題の基本システムをおさらい

「普段飲み放題を利用しない」そんな方のために、簡単に飲み放題のシステムをおさらいしておきたいと思います。
飲み放題とは「120分2,000円」というように、決められた料金をお支払いいただければ、時間内無制限でドリンクをご注文いただけるシステムです。飲んだ分だけ料金を支払う単品注文と比べて、事前に料金が把握できる、時間制限がある、居酒屋によっては飲み放題で選べるドリンクが限られているといった特徴があります。

飲み放題のメリット

宴会参加者・幹事側から考えて、飲み放題にはどのようなメリットがあるのかを確認していきましょう。

気兼ねなくたくさん飲める

飲み放題は、いくら飲んでもお会計は決められた金額だけです。ですから普段飲まない方も、お酒が大好きな方も、好きなだけお飲みいただけるのがメリットの一つに挙げられます。あらかじめ料金が設定されていることで、お酒を頼みやすい状況を作り出しています。

お金の徴収・会計がしやすい

飲み会で大変なのがお会計です。会社の歓送迎会など、規模が大きくなればなるほど全員からお金を集めるのが大変になります。それにプラスしてドリンクを単品注文にしたらどうなるでしょうか。個人個人にドリンク代を払ってもらうのか、全員で割り勘するのか。会社の経費で落とすにしても、計算が大変になってしまいます。
そこで便利なのが飲み放題です。みんな同じ値段だからたくさん飲む人がいようと、まったく飲まない人がいようと費用は一律。全員からお金を集める立場の幹事にとって、こんなにありがたいことはありません。

公平感が出る

飲めない人からしてみたら、「飲み放題って全然公平じゃない!」と思われるかもしれません。しかしよく考えてみてください。それぞれ単品注文をするとして、お会計がみんなで割り勘になってしまったら、自分は飲んでいないのにお金を負担することになってしまいます。また飲み会などの大人数で、一人ひとり自分が頼んだドリンク分のお金を払うのは、手間がかかるためあまり現実的ではありません。そのため一番手っ取り早く、公平感が出る方法として飲み放題がおすすめなのです。
また「鳥メロ」ではお酒が飲めない方への飲み放題の配慮として、ノンアルコール飲み放題というものを、通常の飲み放題より300円お安く用意しています。お酒が飲めない方も含め、皆さまにお楽しみいただける飲み会を開催できるのが「鳥メロ」の自慢の一つです。

コース付きなら料理を選ぶ手間を省ける

飲み放題コースは、基本的にコース料理とセットになっていることが多いです。そのため飲み会での料理を選定する手間を省くことができます。
「鳥メロ」では、常時5種類のコース料理を用意しています。さらに期間限定のものもあるため、飽きずにお楽しみいただけます。

本当に単品で注文するよりお得?

正直にいうと、飲み放題は参加者やお店のタイプによって、必ずしもお得とはいえません。たとえば2,000円の飲み放題で1杯400円のビールを2杯しか飲まなかった場合、1,200円分損することになってしまいます。5杯で元は取れ、それ以上飲むならばお得ということになるので、たくさん飲む人なら飲み放題はお得といえます。
ここでポイントとして、元を取ることだけ考えたら、なるべく高い単価のものを注文すると良いでしょう。カクテルやソフトドリンクは、もともと値段が安いためたくさん飲む必要があります。時間制限があるうえに食べたり喋ったりする飲み会では、あまり飲む量を増やせないため、効率的とはいえません。また飲み放題メニューでは、いつもと違う銘柄であったり、注文できるドリンクが限られたりすることがあります。同じ600円の日本酒だと思っていても、飲み放題で頼める日本酒は400円のものだった、ということもあるかもしれません。注文できるドリンクが限られるという点では、飲み放題はデメリットになることもあります。
しかし参加者が多く、好みや飲む量が分かれる飲み会では、お得さだけで単品と飲み放題を比較しにくいものです。そのため上記に挙げたようなメリットも考慮し、総合的に判断できると良いでしょう。

「鳥メロ」では、さきほどもお話ししたようにアルコールとノンアルコールの2種類の飲み放題コースを用意しておりますので、より公平に飲み放題をお楽しみいただけることと思います。スタッフ一同、皆さまのご来店をお待ちしております。

鳥メロニュース一覧へ

お店を予約!店舗検索

タグ一覧
呑みに行く!