三代目 鳥メロ元住吉西口店の鳥メロニュース
三代目 鳥メロ元住吉西口店の鳥メロニュース画像

コラム

全店共通

2019.06.11

日本酒の種類とそれぞれの特徴について

三代目 鳥メロ元住吉西口店の日本酒の種類とそれぞれの特徴についての画像

居酒屋には必ずといっていいほど置いてある日本酒。「鳥メロ」でも全部で7つの日本酒を取り扱っています。日本酒にはいろいろなものがありますよね。有名なものでいえば「獺祭」や「十四代」、女性から人気の高い「澪」などがあります。一見名前が異なるだけにも見えますが、実は日本酒って9種類に分けることができるとご存知でしたか?

今回はそんな日本酒にまつわる豆知識をご紹介しようと思います。お酒の席で、デートで、合コンで、ちょっとしたネタになること間違いなしです。ぜひご一読ください。

日本酒の種類は原料などで9種類に分けられる

日本酒は主に「原料」と「精米歩合」によって9種類に分類されます。まずはこれらがどんな意味を表すのか確認していきましょう。

原料について

基本的に日本酒は「米」と「米麹」から造られています。しかし、なかには「醸造アルコール」という成分が含まれているものあります。そのため日本酒は、「醸造アルコール添加なし(純米)」と「醸造アルコール添加あり」という2種類に分けることができます。

醸造アルコール入りの日本酒は、安物だと思われることもあるかもしれません。しかしアルコールは、「スッキリした飲み口にするため」「アルコールにお米の香りを溶け込ませて、華やかな香りを演出するため」「雑菌を防ぐため」といった理由で添加されることが多く、必ずしも安物という訳ではありません。

精米歩合について

精米歩合とは、日本酒を精米して残った部分が何割あるかを表しているものです。基本的にはこの割合が少ないほど、お米の中身のみを使った高級な日本酒になります。通常私たちがご飯として食べる白米は、精米歩合でいうと90%くらいですが、日本酒は70%くらいが基本。大吟醸酒では39%ほどまで削ります。なぜ削った方が良いのかというと、お米の表層部には栄養素が多く含まれているからです。この栄養素はお酒を造るうえで雑味になりかねません。そのためより削ったお米の方が、雑味の少ない香り高い日本酒となります。

日本酒の種類とそれぞれの特徴について

上記では、日本酒の種類の分け方には2つの基準があることをご紹介しました。今度は9種類に分けた日本酒の原料・精米歩合などの特徴を、それぞれご紹介していきます。

普通酒

普通酒は、原料にも精米歩合にも規定はありません。ほかの8種類に当てはまらない日本酒をまとめて、普通酒と呼んでいます。「鳥メロ」でいえば「スパークリング日本酒 澪 899円(税抜)」「灘仕込 熱燗(小)350円(税抜)」「八海山 699円(税抜)」「獺祭 等外 799円(税抜)」がこちらに当てはまります。ちなみに普通酒以外の8種類をまとめて、特定名称酒と呼びます。

純米酒

純米酒は、米と米麹のみを使って造られたお酒です。精米歩合には規定はありませんが、精米歩合の割合によって風味が異なります。ほかに香味と色沢が良好であるという特長があります。

特別純米酒

特別純米酒は米と米麹のみで、精米歩合の割合が60%以下、または特別な製造方法という規定があります。この「特別な製造方法」とは、発酵日数が長かったり、木槽による搾りを行なっていたりという、何か特別な製造工程のことですが、特に明確な基準はありません。特別純米酒には、香味、色沢ともに特に良好であるという特長があります。「鳥メロ」では飲み放題コースにて、「白鹿特別純米山田錦」という特別純米酒を用意しています。

純米吟醸酒

純米吟醸酒とは米と米麹のみで、精米歩合の割合が60%以下、吟醸造りのものを指します。吟醸造りとは、精米歩合60%以下のものを長時間低音で、発酵させる手法のことです。吟香と呼ばれる特別な香りを発するようになり、色沢が特に良好という特長があります。

純米大吟醸酒

純米大吟醸酒は、米、米麹が原料、精米歩合は50%以下のお酒です。吟香があり、色沢が特に良好であるという特長があります。

本醸造酒

本醸造酒は、米と米麹、醸造アルコールが原料のお酒で、精米歩合は70%以下です。香味・色沢が良好という特長があり、「鳥メロ」では本醸造酒として、「夢(本醸造生貯蔵酒)699円(税抜)」を取り扱っています。

特別本醸造酒

本醸造酒と同様、米、米麹、醸造アルコールが原料で、精米歩合60%以下もしくは特別な製造方法で造られたお酒が特別本醸造酒です。香味・色沢が特に良好という特長があります。

吟醸酒

吟醸酒は米、米麹、醸造アルコールを原料とし、精米歩合60%以下で吟醸造りで造られたものを表します。吟香、色沢が良好という特長があります。「鳥メロ」では「吟醸生貯蔵酒 750円(税抜)」という吟醸酒を取り扱っています。

大吟醸酒

大吟醸酒は、吟醸酒に比べ精米歩合が50%以下という規定があり、香りや色沢が特に良好であるという特長があります。

この記事では日本酒についての豆知識をご紹介しました。日本酒を選ぶ際や、飲み会での小話の参考としていただければ幸いです。「鳥メロ」でも、今回ご紹介した日本酒をいくつか取り扱っていますので、ご来店の際にはぜひ一度お試しください。

鳥メロニュース一覧へ

タグ一覧