三代目 鳥メロ広尾店の鳥メロニュース
三代目 鳥メロ広尾店の鳥メロニュース画像

コラム

全店共通

2019.08.13

日本酒の代表的な産地を紹介!それぞれのお酒の特徴も

三代目 鳥メロ広尾店の日本酒の代表的な産地を紹介!それぞれのお酒の特徴もの画像

日本酒は各地で生産されている

日本人の生活の中から生み出されたお酒「日本酒」。日本酒は、地域や自然と密接な関係を持っています。日本酒は全都道府でつくられており、地域によって独自の味があるのです。また同じ都道府県内であっても、蔵元の特色によってまったく味が異なるのも日本酒の面白さ。全国各地の日本酒が豊富に揃っている居酒屋などを見つけるのも、ひとつの楽しみになりますよ。

鳥メロ_居酒屋飲み放題

 

日本酒の代表的な産地と特徴

地域と密着したお酒、それが「日本酒」です。日本各地の気候や文化によって多種多様な味わいを見せるところが最大の魅力であるといえるでしょう。
ここからは、全国の日本酒の特徴について抜粋してご紹介していきます。

新潟県

日本酒の名産地になる条件のひとつは「水」と「米」の良さです。水と米だけでできた日本酒は「清酒」と呼ばれ、銘柄によっては高級品として流通しています。日本を代表する米どころである新潟県もやはり、日本酒の名産地として知られていますよね。キレのある飲み口と、すっきりとした味わいが特徴である「淡麗辛口」のお酒が多くつくられている地域です。

兵庫県

六甲山系から流れ出る美しい水源に恵まれた兵庫県も、酒造りでは有名です。特に灘の「山田錦」は全国に名をとどろかせている品種であり、お酒に詳しくない方でも、名前を聞いたことはあるのではないでしょうか。兵庫県の日本酒には「濃醇辛口」という言葉があてはまります。濃厚で芳醇な味わいが特徴的ですが、さらりとした飲み口で、さわやかな後味を楽しめる日本酒です。

山梨県

ワインの産地として知られている山梨県も、山に囲まれた名水の里として多くの日本酒を製造しています。地酒としては「七賢」が有名です。日本の名水百選に選ばれた駒ヶ岳の名水でつくられており、豊潤な香りと、やわらかくすっきりした味わいが魅力となっています。

岩手県

豊かな穀倉の農地が広がる東北は、豊かな自然に恵まれている地域です。美しい山々の伏流水や春先の雪解け水を使って醸造される日本酒は、全国の日本酒ファンを魅了します。岩手県では伝統的に「濃醇甘口」のお酒が量産されてきました。米のうまみ、甘みがしっかりと口に残る味わいが特徴です。

熊本県

阿蘇の山系から湧き出る伏流水と、質の高い肥後米、そして熊本の日本酒づくりでは欠かすことのできない「熊本酵母」によってつくられています。中でも純米吟醸「香露 純米吟醸」は人気が高く、蔵元は熊本酵母を研究する機関も兼ねています。味わいの特徴は「濃醇甘口」で、華やかな香りと濃厚なコクが楽しめます。

京都府

京都の中でも、特に伏見区では酒造りが盛んに行われてきました。ひとつの地域にたくさんの蔵元が並んでおり、技を競い合っています。桃山丘陵から流れ出す清冽な水は「日本名水百選」にも選ばれており、その上質な水をそのまま引き立てるようなお酒が有名です。伏見区の日本酒はきめ細やかな口当たりと、甘い飲み口が特徴です。

長野県

国内でも、特に日本酒造りに適している地域として挙げられるのが長野県です。高原地帯であり、年間を通して激しい気温の変動がないために、酒造りに向いているのです。そうしたことから多くの銘酒が製造されてきました。長野県のお酒は「濃醇甘口」が特徴。芳醇な香りとフルーティーな味わいは、食卓に彩りを添えてくれますよ。

石川県

厳寒な気候と雪が、石川県の美味しい酒造りの好条件となっています。北陸の吟醸酒や純米酒は全国でも知られていますが、酒米の使用率、吟醸酒・純米酒等の生産比率は全国でもトップ。日本酒を愛する地域なのです。中でも石川県の日本酒は、淡麗辛口が特徴。ふくよかな香りと、すっきりした味わいが好みの人にはぴったりです。

北海道

蔵元の数はそれほど多くないものの、北海道でもいくつかの銘酒があります。近年は米づくりにも力を入れており、地元のお米と大雪山系からの雪解け水で、北海道産の日本酒をつくっています。淡麗辛口のキリッとした味わいは、北海道の海の幸や野菜の美味しさを引き立ててくれますよ。

「鳥メロ」でも日本酒をご提供!

焼き鳥居酒屋の「鳥メロ」では、数々の日本酒を用意しております。まず、おすすめしたいのは「灘仕込 熱燗(小) 399円(税抜)」・「灘仕込 熱燗(大) 599円(税抜)」です。酒どころ灘を代表する銘柄、ぜひその豊潤な香りを熱燗でお楽しみください。

冷酒を飲みたい時は、新潟県産の「八海山 699円(税抜)」はいかがでしょうか。辛さを抑えたさわやかな口当たりとふくよかな風味は、どんな料理のメニューともマッチします。

また、山田錦の一種である「獺祭 等外 799円(税抜)」もおすすめしたいメニューです。「等外」だからこそ実現するリーズナブルさが自慢。等外とはいえ、美味しさは変わりません。旨味がしっかりと感じとれる冷酒でぜひどうぞ。

このほか、鳥メロではスパークリング日本酒など、様々なメニューを用意しています。大好きな銘柄をとことん味わうのもよし、飲み比べしてみるのもよしで、お好みに合った楽しみ方ができますよ。

全国各地でつくられる日本酒の味や香りは、地域の特色がしみこんだ結果だといえます。日本酒を味わうことで、お店にいながら日本中を旅できるような気分になるかもしれません。鳥メロは、そんな日本酒好きのみなさんにぴったりのお店です。ぜひ、一度ご来店ください。

鳥メロニュース一覧へ

タグ一覧